運転免許とは

運転免許とは、「道路における自動車及び原動機付自転車の運転を認める許可」と定義されています。どこで生活しているかとか、仕事や生活の中で運転が必要かどうかという環境的な要因と、運転なるものをしたいかどうかという心情的な要因のいずれかで、免許取得をすることになります。取得はしたものの運転する機会がなく、免許証が身分証明書状態の人もいます。顔写真付きの公的書類は、運転免許証かパスポートで、運転免許証を持ち歩いている人の方が多いです。子供のころ、車の排気ガスは地球を汚す、と習って、車の運転なんかしない、と言っていた友人がいましたが、現在、運転をしています。子供の頃って純粋ですね。

かくいう自分は免許を持っていて車もあり日常的に運転をしているのですが、運転することにより、加害者になる機会を持ってしまっているということを、意識するようにしていますが、免許取得時には考えていませんでした。現在も加害者になることは、あってはならないと思っていますが、起こしたくて事故を起こす人はいませんので、十分、注意して運転するよう心がけるだけです。免許を取って運転するようになって、行動範囲が広がり楽しいことが増えました。自分としては、運転しているときの人格が、自分の中で、一番まともです。免許取得には、金銭的にも時間的にも、かなり苦労をした分類に入りますが、取ってしまえば、こちらのものです。安全に留意して楽しいカーライフをおくりましょう。